ガラス作家 遠藤章子さんによる作品。

手に触れ、包み込むことで、何か大事な繊細な感覚を

作品から受け取る。ガラスによるアート作品。

 

「私はガラスで作品を作りながら、内側に留まる光と、空間と溶け合う透明な輪郭について考えているのだと思う」(遠藤章子)

 

ガラスという素材は触ると冷たいが、遠藤さんの作品は

暖かさを感じる。丸くすべすべした面と、ザラザラした面を

触れながらどこか癒しを感じる作品です。

 

茶葉などを入れて、使うこともできます。

使い方、受け取り方はそれぞれ。何でもなくて、何でもあるもの。

 

ふれるかたち すくう

¥15,400価格
  • 鋳造ガラス、顔料