作家である西川はるえさんは糸の選別、染め(天然染料、藍染め)、織りまで全て手作業で、一人で行います。

丁寧に染められ、織り上げあれた作品は風合いが美しく

使うごとに変化し手に馴染んできます。

 

元々、沖縄の芭蕉布を織っていたこともあり藍は琉球藍を使っています。自然の染めの色は優しく奥深さを感じさせてくれます。

 

懐紙入れとは、茶道具の一つで茶道に使われる懐紙や扇子、菓子切り、古帛紗などをしまうバッグのようなもの。

西川さんの作る懐紙入れは少し大きめな上、片側はマチが付いているため使いやすいです。

 

通帳やパスポート、スマートフォン、お札入れなども◎

藍染め 懐紙入れ N type

¥13,200価格
  • 表地:手紡ぎいらくさ糸、野繭糸、絹糸

    (琉球藍天然発酵建染め)

    裏地:野繭糸

    裏打ち:手漉き紙

    洗濯不可